WEB会議のハードウエア比較

WEB会議ではハードウエア面で比較することができます。もっとも多いシステム構成は専用のソフトウエアをPCにインストールしてPCに搭載もしくはUSBにてマイク、Webカメラを利用することです。このシステムは手軽であり、また、一般に販売されているUSBカメラやマイクも利用できるのでコスト面で有利です。一方で、価格に応じて性能がまったく変わるのでハードウエアがバラバラの場合WEB会議の品質が落ちてしまうこともあります。

また、システムによっては個別に用意するのではなく、複数人で1つのカメラ、マイクを利用するシステムもあります。このシステムは価格が高めに設定されていますが、専用のハードウエアが提供されるのでPCを用意する必要もなく、また、一度設定すればインターネットに接続するだけで利用できる簡単設計となっています。また、マイクもカメラも市販のUSBタイプよりも数段レベルの高いハードを利用するので鮮明なWEB会議を行なうことができます。しかし、ハードウエアは重く、移動を前提に考えられていない場合が多いのも注意したい点です。

WEB会議システムは多数の企業から提供されていますがハードウエアについては特に差が大きな点です。また、ハードウエアにこだわらず、システム自体をクラウドで提供するサービスも増えています。システム全体のコストと使い勝手を考慮してハードウエア選定を行なう必要性が高くなってきていますSFAのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*