SFAの主な機能とその特徴

営業活動や日々の業務の効率化に有用なSFAには、大きく分けて5種類の機能が存在します。営業活動を行う上で欠かせない、顧客情報を管理する機能から見ていきましょう。顧客・企業の名前や情報といった基本的なデータはもちろん、担当者やその役職に加えて過去の商談のデータ、名刺の管理に至るまで一括で管理できます。SFAによって営業活動の可視化が図れる、と言われている要素の1つです。

顧客に加えて、案件ごとに管理する機能もあります。営業活動における進捗や詳細データを管理し、瞬時に取り出すことが可能です。案件を一覧で見たり、個々の案件を調べたりなどもSFAでは容易に行えます。案件によって異なる担当者や客先の担当者、商談の進捗や成約の見込み度合い、売上金額や見積もり金額などのデータの記録も可能です。

営業担当者の行動を管理する機能は、進捗だけでなく結果の可視化にも役立ちます。顧客のもとへの訪問回数に始まり、相手の反応や提案した数・受注率などを入力し、データを蓄積することが可能です。これにより提案内容を詰めたり頻度を調整する際に活用できたり、加えて営業担当者の評価をする際にも活用できます。入力し蓄積されたデータから、売上予測や実績を可視化する予実管理の機能も見逃せません。

営業活動を行う上で、毎日欠かせない活動報告をサポートするレポート管理機能も便利です。パソコンはもちろんタブレット端末やスマートフォンなど、あらゆる媒体から入力するだけで報告業務が完了します。作業の簡略化だけでなく、管理者・マネージャーがアクセスする上でも容易であるため各営業パーソンの行動や成果をその場で共有・把握できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*