SFAとは?CRMとの違いについて

SFAとは、SalesForceAutomationの頭文字を取った略語で、日本語では営業支援システムと訳されます。営業活動の記録や商談の進捗状況、顧客リストの管理といった営業活動に関わる業務を支援するシステムで、顧客管理・案件管理・行動管理・予実管理・レポーティングといった機能が搭載されています。また、このシステムと混同されがちなのがCRMです。CRMとは、CustomerRelationshipManagementの頭文字を取った略語で、顧客関係管理や顧客管理などと訳されます。

SFAが主に営業活動を支援するためのシステムであるのに対して、CRMは主に主に顧客管理を行うためのシステムという違いがあります。広義では、営業活動は顧客管理の一部であるため、SFAはCRMの一部とも言えますが、営業プロセスを管理する機能などCRMには搭載されていない機能も備わっています。なお、これらのシステムのどちらを導入しようか迷っているという方も多いかと思いますが、営業活動の効率化を図りたい、営業活動の状況を見える化したいといったケースではSFAが適しているでしょう。一方、顧客へのアプローチを強化したい、顧客満足度を向上させたい、顧客リストを一元管理したいといった場合は基本的にCRMの方が向いています。

ただし、SFAとCRMの両方の機能が搭載されたシステムも数多くあるので、そのようなシステムを導入するのも一つの手です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*