誰にでもわかるSFA

SFAとは(SalesForceAutomation)が正式名称ですが、これだけではよくわからないと思うかも知れません。簡単に言えば営業を支援するためのシステムです、自動化とありますがけして機械任せになるのではなくてあくまでも営業マンが仕事をやり易くするためのサポートだと考えるといいかもしれません。IT技術がいち早く発展した米国が、1995年に営業をテクノロジーを駆使して省略化しようと試みたのがSFAの始まりだとされています。そういった経緯で始まったSFAですが、完全に定着したとは言えないのが現状のようです。

システムよりも人間の勘や経験を尊重するような、日米の商習慣の違いが原因かも知れません。次に企業がSFAを導入した場合、具体的にどういったメリットがあるのかを見ていきたいと思います。顧客情報や各営業の進捗具合を見える化することで、生産性が上昇します。問題が起きたときにどこがボトルネックになっているのかが明確になるため、問題解決が容易になります。

個人が独占していたノウハウや顧客情報を会社全体で共有することで、人材育成が容易になりよりスムーズなチーム編成が可能になります。最初に言ったようにSFAは営業の仕事をやり易くするためのものです。今のままでも十分に上手くいっているという企業でも、情報をデータ化することにはメリットがあります。リアルタイムで情報を共有できるのでチームの連携もとりやすくなり、顧客データを分析することで計画がたてやすくなるのです。

迷っているのなら一度始めてみるのをお勧めします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*