インターンシップの特徴や参加までの流れなど

企業や団体などで、学生が一定の期間内に就業体験ができる教育システムを「インターンシップ」といいます。この制度を利用して実際に就業体験を行うことで、自分自身にとっての課題や不足している部分などが明確になり、モチベーション向上に繋がるだげではなく、社会や企業などの実情についても理解することができたり、仕事感覚が身に付いて就職活動の際にも役立ちます。一人一人得られるものは異なりますが、この様な様々な魅力があります。インターンシップに参加する場合は、まずインターンシップ先の選択・決定を行い、申し込み(プレエントリー)が必要です。

その後には、面接やグループディスカッションなどによる選考を受けます。インターンシップ先の選択にあたっては、自分の目的や条件に合うかどうかが大切です。申込みについては、簡単な情報をウェブ上で入力するだけのものや、書類選考が兼ねられた質問事項などがあるものの他、エントリーシートを作成しなければならないものもあります。基本的に、人気の高い企業は面接での選考よりも先に書類での選考があることが殆どなので、入念な対策が必要です。

申込み・書類での選考にパスできれば選考が行われますが、応募者の人数によってはハードルが高くなりがちですし、ウェブテストを実施する企業も場合も多くあります。反対に応募者が少ない場合には書類選考だけということもあります。しかし、審査のための面接は1回が一般的です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*