インターンシップの目的とは

インターンシップは単なる労働を行うことが目的ではなく、それを通して何を学ぶかに主体が置かれます。多くは大学3年生が参加することになりますが、それぞれに目的も異なるものです。まずは共通するのが社会人経験をすることで、こらからどのようなことが必要となるのか、求められるものは何かを理解することができる点にあります。参加する期間によって内容は変わりますが、短期間であればグループディスカッションや社員に同行するといった形で学習することがメインとなります。

長期間に渡るインターンシップの場合には、数日間の研修を終えてから実地での業務に取り組むことになります。そこで自分が希望する業種での仕事内容や雰囲気を確かめるとともに、自分自身の適性も確認することになります。そのために、複数の業種に参加して自分に合うものを確かめることも有効です。思いもかけない業種で、自分の良さを発揮できるものや、やりがいを見出せるものが見つかるケースも多いものです。

また、インターンシップを通して自分自身のアピールを行うことも大切です。実は開催する企業では、優秀な人材となりうる学生を探しています。インターンシップでの業務を通して総合的な素質や能力をチェックする意味合いもあるわけです。試験や面接だけではわからない、実際の業務に携わる姿から得られる情報は非常に多いものとなります。

就活を行う前のインターンシップですが、実はその要素も含むものとなるわけです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*