インターンシップを経験して就職活動の理解を深めよう

インターンシップとは、大学生が就職活動より前に企業に入って働くことを指します。実際に企業の中で仕事の様子を見られるので、就職してからのイメージとのギャップを感じるのを防げます。働いている人と直接会話をする機会が得られるので、その企業の仕事内容ややりがい、生活スタイルなどについて聞くことができます。インターンシップは、大学に応募が来たり、企業のサイトから募集を行っていることがあります。

募集枠に対して応募人数が多い場合には選考がありますし、枠内であっても人事担当と学生の面接が行われます。聞かれることは就職の時に面接程厳しいことは聞かれませんが、応募をした理由ややってみたいことを聞かれます。期間は1日や2日などの短時間で終わるものから、3週間から数か月の長い時間行われるプログラムもあります。短期間の場合は時給は発生しないことが殆どですが、長期間拘束されて戦力が求められるインターンシップの場合は時給が発生することもあります。

アルバイト代わりにインターンシップを行って職業への適性を考える学生もいます。特に、海外ではインターンシップを経て採用するというパターンが多く、しかも高い給料が学生に支払われています。日本の場合は、直接採用に関係はしないと明言していることが多いため、必ずしも就職活動前にやっておかなければならないものではありませんが、その企業に入りたいと高い気持ちを持っている場合には経験しておいて損はありません。SFAのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*