SFAを導入するメリットとは

企業では自社の製品やサービスを得意先などにアピールして利用を拡充する為に営業部署を設けています。営業の業務は顧客リストを作成したり企画書や見積書の作成に加えて、訪問して商談を行う事やクレーム対応など幅広い範囲にわたります。この営業の業務の中には繰り返し行うものや定型業務などもあり、これらを自動化する事で新たな顧客の開拓などに力を入れて行く事も可能となります。これらの背景から、多くの企業では営業支援システムのSFAを導入するケースが増えています。

SFAでは顧客情報を一元管理する機能を備えていますので、社名や部署、氏名などの連絡先を社内で情報共有して、同じ顧客に重複して営業を行う事を避けたり、担当者が変更となった際にも確実に顧客情報を引き継いでゆく事が出系ます。また営業の案件を管理することも出来て、従来ですと営業内容の詳細は担当している本人しか知らない事も多く、営業の進め方が個人の勘や経験に頼る部分が多くを占めていました。SFAでは案件の進捗管理を行う機能も備わっており、これを組織の営業ノウハウとして蓄積して活用してゆく事が出来ますので、業務の効率化につなげる事も可能です。更にSFAではスケジュールの共有も図れますので、各担当者が優先度の高い業務に集中したり、管理者のマネジメントにも活用出来ます。

この営業支援システムを導入してPDCAを回しながら有効活用してゆく事も重要なポイントです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*