売り上げを伸ばし効率化を図るためにSFAは大事

企業とは利益追求団体です。利益があがらなければ、仕入れができなかったり固定費をねん出することができません。そして社員の給与も支払うことが難しくなります。企業にとって売り上げに貢献してくれる営業マンは非常に貴重な人材です。

利益を多く追求したければ利益をもたらす営業マンを沢山雇えばいいと考える人もいるでしょう。しかし企業経営では限られた予算と経費で人を雇わなければならず、沢山営業マンを雇うということは不可能です。そこで営業マンを効率よく動かし、無駄を省くことが求められます。最小限の営業マンで多くの売り上げをあげることは、多くの企業での永遠のテーマであり課題であると言えるのです。

そこでおすすめしたいのが、SFAなのです。SFAとは営業支援システムの事を指します。営業の仕事の進捗を見える化し、それを共有することで効率化を図り無駄を省くことを目指します。営業職とは顧客を訪問し、商談してカタログなどを提示し、商品の説明と販促を掛けます。

そして必要に応じ見積もりや設計図などを顧客に提出します。一度のみの訪問や見積もりの提案ではなかなか話がまとまりません。再三訪問、見積提示などを繰り返す必要があるのです。こうした煩雑な書類作成や、見積もり作成や発注、アポや進捗状況やレポートをSFAによってオートメーション化つまり自動化することによって無駄を省き、有望見込みの顧客に尽力したり営業を強化することが可能となるわけです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*