SFAで営業力を底上げしよう

営業における必要データはまとめておくのが基本です。大手企業は営業計画が簡潔化しており、それはデータの一括管理ができているためです。競合他社に勝つためには営業の効率化が大切で、それにより資産と人、時間をより有効活用できます。大手企業は営業システムのSFAの導入率が高く、市場調査や分析作業を効率化しています。

顧客データは数多いほど営業のチャンスが生まれますが、データが古くなってくると問題です。データの新陳代謝を図るためにも、SFAの導入が求められています。最新のSFAを活用すれば、データを日付順に表示させることができ、新しいデータをもとにして顧客の開拓ができるわけです。営業効率を上げるうえで、データをグラフ化させることは必須です。

数字で見るよりも、データのほうが現状を認識できます。売り上げが下がってきているようであれば、具体的な対策を模索していく必要があるでしょう。何も対策をしないことは、顧客の減少につながってしまいます。だからこそ常にアクションを起こして、顧客を増加させる必要があるわけです。

取引額の大きい顧客を優先するなど、顧客データに優先順位をつけることも大切です。SFAを活用すれば優先順位の高い顧客を瞬時に抽出できるため、ムダのないアプローチが可能になります。どこに労力を費やせばよいのかわかるため、時間をより有効に使えるわけです。SFAなら業種別の営業の対策を打ち出し、ライバルと区別化を図ることが可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*