SFAの機能を把握する

会社では営業部署を構えて顧客との営業活動を行っていますが、これらの効率アップや効果の高い営業活動を実現する為にSFAを導入する会社が増えて来ています。このSFAには複数の機能が有りますので、これからシステムを導入検討される場合には、内容や特徴を事前に把握しておく事も大切です。最初に挙げられるのが顧客の情報管理機能でして、顧客の所属部署や氏名、連絡先の基本情報や商談の履歴に加えて、会話の内容なども記録する事が出来ます。また営業マンは管理者に対して、その日の営業内容を日報として報告を行いますが、SFAのシステムを利用する事でデジタル情報として作成可能となり、外出先から提出する事が可能です。

会社により営業部署の人数は異なりますが、多くの営業マンを抱えている場合、管理者は全員が抱えている顧客案件や進捗をタイムリーに管理してゆく事が難しくなります。SFAを活用する事で個々の営業スケジュールを共有したり、営業の進捗状況も把握できる様になりますので、重複営業を防いだり、特定の営業マンに過度な業務負担がかからないように分散させる事も出来ます。また成約件数は個人のカンや経験によって左右されるケースが多かったのですが、優れた営業ノウハウなどを共有してゆき、部署全体として営業成果のアップにつなげる事も可能です。この様にSFAで収集した各種営業データを分析する事で営業課題を抽出し、改善につなげて行く事が出来ます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*