SFAを企業が導入するとどんな良い点があるのか

SFAは、日本語では営業支援システムと呼ばれており、文字通り企業の営業の仕事の効率化に役立つツールが搭載されています。これを企業が導入すると、個々の社員の人脈や、業務で得た顧客情報などを1つに集約し、営業に関するデータをたくさん得ることができます。そのデータの中には営業に携わる社員に関するものも含まれており、SFAで彼らの行動やプロセスが可視化されることによって、その企業の営業活動における課題をみつけやすくなります。課題が明確化されると、それを解決しつつよりよい営業戦略の立案ができるようになり、成績のアップにつなげられる可能性があります。

また、SFAにはレポートの作成に役立つツールも搭載されています。これを利用すれば、営業会議や外部での打ち合わせなどに必要な資料を簡単につくることができます。新しく社員が配属されてきたときには、自社の営業支援システムを利用してノウハウを吸収してもらう形にでき、他の部署に移ることになったときにもSFAでデータを見せつつ説明を加えれば問題なく業務の引き継ぎを終わらせられます。配属されている社員の教育にかかるコストの削減につなげられるのも、SFAの良い点といえます。

営業支援システムの導入は、社内の情報資産の流出防止にもつながります。システムが無い状況だと、その社員しか持っていない情報資産が社内のあちこちに点在しており、異動や退職が起きたときに事前に手はずを整えてないと社内から情報資産が失われてしまうおそれがあります。しかし、営業支援システムであれば、情報資産をシステムで一括して管理できるため、社員固有の資産がほとんどなくなり、異動や退職があった後でも支障なく業務ができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*