SFAを使いこなせば売上アップを目指せる

SFAとは業務を効率的に回し、売上や利益のアップを目指せるツールです。導入によってコストパフォーマンスの改善や部署内の連携がスムーズには行えるようになる他、社員それぞれが行っている業務の可視化が進むのも特徴でしょう。隣席の社員がどのような仕事をしているのか判らない、営業や事務など部署内の仕事の連携が上手く行えないなど、複数の社員が各自で仕事を行っているからこそ起こりがちな問題を解決するために役立ちます。また、管理職が部下の業績や予定を把握する際にも活用可能です。

複数のメリットがあるSFAですが、導入の際にはどのような使い方をしたいのかをまとめておくことが大切です。たとえば画面共有による情報連携は各社員が関わっているプロジェクトや進捗情報、活動履歴などをチェックできます。社員の活動報告を読み、アドバイスや指示を求められていた場合は迅速に対応するといった使い方も良いでしょう。特に営業の分野においては取引先に出向いた社員が誰と出会い、どのような活動を行っているのかブラックボックスになりがちです。

取引先との人脈などもSFAで一括管理を行うことで、実際に出向いた社員以外とも情報を共有できます。共有が広がることで営業社員へのサポートを厚くできるのもメリットです。活動報告はSFA上で行う、上司からの認可も同じくSFAで降りるなど、業務の無駄を省く機能が多数用意されています。各システムを上手に使いこなすことが、売上アップに繋がっていきます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*