SFAのメリットとは?

SFAを導入するメリットは、組織と個人で大きく違います。組織においては、営業が個人で持っているノウハウの共有や継承です。いくら良い成績を残していても、定年や退職によってその能力はなくなってしまいます。少しでも残しておく方法が、営業活動の透明化と共有です。

営業が現場で行っている行動を記録し、分析できれば良いパフォーマンスのお手本が出来上がります。それを水平展開することで、多くの営業担当者が能力を向上できます。SFAのもう一つのメリットは、売上予測が立てやすいということです。リアルタイムで更新される実績は、現状と将来の予測に役立ちます。

それを分析して立てた予測は確度の高いものとなり、正確な計画に落とし込むことができます。つまり現実的な予想を作ることが可能といことです。これによって営業に過度の負担を強いることなく、生産や輸入の計画も立てやすくなります。SFAの営業担当者である個人のメリットは、組織からのサポートを受けやすくなることです。

情報の共有化をするということは、情報の把握がリアルタイムで可能となり、どのような状況か視覚化されます。問題が発生しそうなら個人で気がつけなくても、組織からアドバイスが届くようになります。また正当な評価も期待できます。行動が透明化されることで他者との比較が売上だけではなくなります。

やることをやった結果であることが示せれば、不当な扱いを受ける恐れがなくなります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*