機能面からSFAの利用を検討すること

営業支援システムであるSFAを導入するかどうか迷っている方もいるでしょう。導入するか迷っている場合には、どのような機能があるのか確認していくことが大切です。機能を知ることで、利用するメリットが大きいか判断しやすくなるため導入するかどうかの判断基準を作れます。SFAにおける主な機能の1つが顧客情報の管理です。

顧客の名前や企業の情報などを営業部の社員が個別に管理していると、情報の共有が難しくなります。システムで一括で管理することで、担当社員がいなくても必要な情報を探しやすくなります。また顧客情報は、案件の進捗情報も含めて管理できるのもシステムを導入するメリットの1つです。さらにSFAを導入することで、営業部の社員ごとにどのような業務をしているのか可視化できます。

同じ顧客を訪問した回数や成果などの情報を蓄積することで、効率の良い営業のノウハウの作成やそれぞれの社員の評価をしやすい状況を整えることにつながります。また営業社員が面倒に思う要素の1つである報告書の作成も、SFAを導入することでサポートしてもらうことが可能です。パソコンなどからフォーマットに必要事項を入力するだけで、面倒な報告書の作成ができます。報告書の作成に時間がかからなくなることで、仕事の負担を減らし業務を効率よくこなすことにもつながります。

SFAを導入することえ、このような営業の仕事が効率よく進むための機能を利用できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*