SFAを活用して売上アップ

SFAは日本語では営業支援システムと呼ばれ、世界中で広く利用されています。営業活動をSFAに蓄積し、情報共有を行い、より質の高い営業活動が行えるようサポートしてくれる強い味方であると言えます。営業担当者しか対応できないという状況が回避でき、そのような場合でも営業の質を落とすことはありません。担当者変更の場合でもスムーズな引き継ぎが実現できます。

過去の営業履歴も蓄積されているため、前任者と同レベルの営業がすぐに行えるのもSFAのおかげです。SFAは非常に多機能で、数多くのソフトウェアが存在します。少し調べてみると、その数の多さに驚くのではないでしょうか。そんな中から最適なソフトウェアを選定するにはポイントがあります。

最も重要なことの一つにどのような機能を求めるかを明確にすることがあげられます。多機能なものほどコストも高額になってしまう傾向がありますので、必要最低限の機能をもつものを選定するのがポイントです。その結果、コストパフォーマンスが高いものが必然的に選ばれることになります。SFAをうまく活用すれば、営業マンの工数削減にもつながります。

外出先でも使用できるものが多く、その場合、ちょっとした余暇に営業報告を行うことが可能です。会社に戻って、パソコンで一日の営業活動を登録するようなことはしなくても良いのです。報告された内容は、上長などの管理者がリアルタイムで確認できるところも良い点です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*