SFAで商談を進めやすくしよう

営業のシステム化ができるSFAを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。メリットの1つとしてあげられるのが、商談の状況が管理できるという点です。顧客との商談の流れや過去の履歴などがデータ化されていないと、商談のたびにアプローチ法を探って面倒な思いをするかもしれません。一方でシステム化されていることで、顧客ごとの商談履歴や内容をすぐに確認できます。

過去の商談の結果を参考にすることで、顧客に合わせた適切なアプローチを実行し成果につなげやすくなります。さらにSFAには、プロセスを管理できるというメリットもあげられます。プロセスを管理することで、社員ごとにどのような結果を出しているのか受注率などがデータ化できます。データ化することで、社員に向いている業務を割り当ててより効率的に業務を進めることが可能です。

社員の正しい評価にもつながるのが、SFAを導入してプロセスを管理するメリットの1つです。またシステムを導入すれば、売り上げが予測しやすいというのも特徴もあります。個別の成果状況がわからないと、どのような成果が出ているのか全体を把握しにくくなります。システム化してあれば、気軽に全体の状況が把握できるようになります。

売り上げ予測ができれば、予実管理がしやすいというメリットにもつながります。さまざまな内容をSFAの導入で管理することで、商談が進めやすくなるなど営業の仕事が効率化できるという点を押さえておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*