SFAの真の目的とは?

営業のノウハウは個人によってさまざまで、より良い情報を持っていいる人が良い成果を上げる傾向にあります。それは今までの経験から得られたもので、大きな財産と言えます。組織とっても同じように財産ではありますが、定年や退職によってなくなってしまう恐れがありました。少しでも残すことができないかということで考えられたのがSFAと呼ばれる営業支援ツールです。

SFAは営業活動を透明化し、共有することで自動化を行うもので、営業力の底上げに期待できます。具体的には案件や行動に関する情報を共有し、同じ行動を組織でできるようにします。良い結果を上げている人の行動を基本とすることで、経験の浅い新人も高いパフォーマンスで行動が可能です。全く同じと言うわけには行きませんが、多くのノウハウを継承することに役立ちます。

SFAによって個人が得られるメリットは、負担の軽減です。誰もが同じことをできれば、担当者という概念がなくなり忙しいときにサポートを受けることが可能です。またレポートなどの営業活動ではない業務が自動化されるので、余分な時間が少なくなります。行動が共有化されることも、トラブルがあったときに迅速に対応を受けられることに繋がります。

新人の教育に割かれる時間も少なくなるので、本来の業務に専念できるという点では、SFAは個人にもメリットがあるツールと言えます。情報が蓄積されればより多くの自動化が可能となり、個人の負担はさらにすくなくなるでしょう。SFAのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*