ロダン&フィールズの新しい魅力
2021年2月6日

毛穴の開きは洗い過ぎの可能性も

よく毛穴の開きは汚れや皮脂が詰まっていることが原因とされていますが、日頃からしっかりと洗顔をしているのにも関わらず開いてしまうという場合には洗い過ぎが原因の可能性もあります。通常肌は脂分と水分がちょうど良いバランスである時に外的刺激に対して強くなります。しかし、何らかの要因によりそのバランスが崩れると、様々なトラブルが引き起こされます。その中の一つに、肌の乾燥による皮脂分泌があります。

なぜ乾燥してしまうのかというと、外的環境の他に洗い過ぎが要因として挙げられます。肌を守るために必要な皮脂まで取り除いてしまい、洗顔後の肌がとても無防備な状態になってしまいます。その結果、肌は外的刺激から守ろうとして皮脂の分泌量を増やしてしまうのです。防御反応として自然な働きですので、この場合の皮脂分泌を抑えることはできません。

対策としてできるのは、皮脂をとり過ぎないようにすることです。つまり、洗う時には洗浄力の優しいものを選び、必要な皮脂を残すようにします。毛穴対策では、皮脂分泌のコントロールが重要です。脂症の人はいかに分泌量を抑えるかが重要ですが、元々脂症でもないのに分泌量が増えているという人は洗顔方法を見直さなければなりません。

少し皮脂が浮き出ると脂症肌であると勘違いしてせっせと洗顔を行ってしまう人がいますが、皮脂には肌を守るという立派な役割がありますので、奪い過ぎるのも問題です。バランスが良ければ毛穴は少しずつ閉じていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です