ロダン&フィールズの新しい魅力
2021年1月21日

保湿化粧水の選び方について

保湿化粧水はスキンケアの中心的存在で、とても多くの種類が発売されています。欧米に比べると日本は化粧水に重きをおく傾向にあり、保湿に特化した製品が多いです。肌は角質・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層に分かれていますが、化粧水が出来るのは「角質層」を潤わせることで、角質の状態が良ければ良いほど肌はみずみずしくなります。保湿化粧水が進化したのは、水分保持力の高いセラミドやアミノ酸がよく使われるようになったためです。

安定した液状の形で配合することが出来るようになりました。1gで6リットルもの水分を保持出来るヒアルロン酸や保湿成分でもあるコラーゲンのナノ化技術も進歩し、ナノ化という最新テクノロジーによって肌内部に有効成分が留まる可能性が高くなりました。選ぶポイントはセラミドやアミノ酸が使われているもの、そして一般的な保湿成分だけでなく、エイジングケア成分や美白成分などプラスαの成分が入っている化粧水がおすすめです。また、続けやすい価格帯のものを選びましょう。

毎日使うものなので、数万円もするものは使いづらく続けにくいです。お財布の負担にならない価格帯の製品を選ぶ方が、一度に十分な量を使えて肌をしっかり潤わせることが出来、結果的に効果を感じやすい場合もあります。また、ベストコスメ賞などを受賞しているものは、消費者だけでなくメイクアップアーティストやライター、皮膚科医など美容のプロの評価が高いという証明になりますので、選ぶ時の参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です