ロダン&フィールズの新しい魅力
2021年1月18日

保湿化粧水の正しい活用法

保湿化粧水は1年中同じもので良いというわけではなく、その時々のコンディションに合わせて選ばなければなりません。汗をたくさんかいて皮脂の分泌量も増える夏場には肌にスーッと馴染むサラッとしたタイプがお勧めであり、とろみのあるテクスチャは避けた方が無難です。とろみがある化粧水には油分が多めに含まれていますので、肌がベタついてしまう恐れがあります。サッパリタイプの場合には爽快感を重視してアルコールが含まれることがありますが、インナードライの肌には刺激が強すぎます。

秋口から冬にかけてはより優れた保湿力が必要ですので、とろみのあるテクスチャの化粧水が活躍します。この時期には汗や皮脂の分泌が少なくなりますので、しっとりタイプでないと物足りなさを感じるようになります。外気が乾燥するだけでなく、エアコンの風に当たることでも肌は急激な乾燥に見舞われますので、自分の過ごす環境に応じて使い分けることが大切です。肌に合う化粧水が見つかったら美容液や乳液の前につけるだけでも良いのですが、より効果を高めるためにコットンに含ませてパックをする方法もあります。

特に目の周りや口周辺は乾燥しやすいのでしっかりと保湿を行わなければなりません。パックをすると有効成分をきちんと浸透させることができますので、ただ単につけるよりも更に保湿効果が高まります。乾燥によって硬くなった皮膚も柔らかくなりますので、定期的に行うのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です