ロダン&フィールズの新しい魅力
2021年1月9日

化粧水で保湿をする方法

スキンケアに欠かせないたいせつな効果が保湿です。乾いた紙を丸めるとシワになりますが濡れた紙を丸めてもしわになりにくのと同じように、保湿がしっかりしているとシワの予防になりますし、スキントラブルの防止にも繋がります。入浴後や洗顔後、メイクを落として綺麗になったお肌に化粧水をたっぷりと塗ります。洗顔したあとなるべく早く化粧水をぬり始めるのがポイントです。

お肌の水分が蒸発するのを防ぐためです。ぱんぱんと勢いよくたたきすぎるとメラニン色素を刺激してシミの原因になったり、ごしごしこすったりすると顔の皮膚は非常に薄いのでシワの原因になったりしますので、優しく包み込むように塗りましょう。保湿成分であるヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンやナールスゲンなどが含まれている化粧水がより効果があります。そして、できれば一度塗るだけでなく、適量を何度も塗ると保湿効果がのぞめます。

気兼ねなくたっぷり使えるものがお薦めです。化粧水をたっぷりと肌にぬり込んだら、美白美容液やリンクル美容液など気になる部分をケアしましょう。しっかり化粧水が浸透しているとそれらの美容液の浸透も促される効果が期待できます。そして、最後に乳液で蓋をしましょう。

せっかく保湿効果の高いものを使用して美容液を塗っても、そのままですと、エアコンや空気の乾燥で効果が薄れてしまいます。最後に乳液で蓋をすることで、お肌に染み込ませた美容成分を十分にとどめることが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です