ロダン&フィールズの新しい魅力
2020年10月24日

エイジングケア化粧品とは

エイジングケア化粧品という言葉を耳にするようになりました。そもそもエイジングケアとは何なのでしょうか。年齢に負けない肌を作るための化粧品がエイジングケア化粧品です。年齢に負けないというと、若返りを意味するアンチエイジングが思い浮かぶかもしれません。

こちらの方が単語的にわかりやすいのに、なぜアンチエイジング化粧品といわずに、わざわざわかりにくいエイジングケア化粧品という単語を使うのでしょうか。これには法的なわけがあります。化粧品や医薬品などの販売に関して日本では薬事法という法があります。それによって、アンチエイジングという単語の使用が禁止されているので、その代わりとしてエイジングケアという単語が登場したわけです。

エイジングケア化粧品は年齢に負けない肌を作るのが目標で、若返りではありません。もちろん使用する側としては若返りたい気持ちは十二分にありますが、法律の問題でアンチエイジングと明記はできないのです。さらにエイジングケアという単語も、使いようによっては薬事法にひっかかることがあります。10歳若返るとか老化を防ぐなど、具体的な効果、効能を謳うのがまずいわけです。

このようにエイジングケア化粧品とは年齢に負けない肌を作ることから、アンチエイジング系の化粧品なのですが、薬事法の規定上、アンチエイジングが使えないためにエイジングケアといっているだけなのです。使う側としてはアンチエイジングの方がわかりやすくていいですが、薬事法という法があるためにエイジングケアという表現になっていることを知っておいて損はないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *