東京の幼児教室の特徴について

三つ子の魂百までということわざがあるとおり、幼児期に形成された性格や気質といったものはその後の一生に関しついて回るものということがいえます。

この考え方に沿って考えると幼児期にどのような教育を受けたのかというのはかなり重要なことといえます。今回は東京で行われている幼児教室についてみていきましょう。まず、東京で人気のある幼児教室として0歳児から3歳児までを対象としてしかも教える対象が子どもではなく保護者であるというユニークな教室があります。これは、保護者が幼児教育のスペシャリストになれば週1回の教室だけの指導というのではなく、常に家庭において指導できるというコンセプトによるものです。

こちらの教室のメソッドによると子どものIQが平均で140を超えてくるという結果を出すというものです。普通の人が100という基準ですので知能の発達にかなりの効果があるものといえます。次に、色、形、音楽など子どもの頃に身に着けるべき72の項目を0歳児から3歳児までを対象として教えてくれる教室があります。

こちらの教室では、これらの項目について机の前で学ぶデスクワークと、体を動かすことにより体得するプレイワークといった2種類の方法により体得させて、集中力や理解力と思考力といった知能面と競争力と思いやりといった情緒面の発達を促すこととしています。このように東京の幼児教室は、各教室ごとに特色があり方法論も様々なものがあります。自分の子どもにあうのは何かを考えた上で通わせてあげると子どもの能力が伸びるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *