1歳の教育方法と幼児教室の選び方

脳は3歳までに80%、6歳までに90%が完成すると言われているので、3歳までの環境で子どもの土台が出来上がってしまいます。

したがって脳の発達の面から見てみると、3歳までが重要であるといえます。知識の詰込みや丸暗記であれば6歳以降でも能力を伸ばすことができますが、思考力や創造力、解決力などは3歳頃までにほとんどが決まってしまうことが多いです。また人格の土台も3歳までに形成されます。3歳までに形成されてしまった思考パターンは、ポジティブなものであってもネガティブなものであってもそれを変えるためには長い年月が必要です。

したがって赤ちゃんの真っ白な心に刻み込まれる思考パターンや価値観はとても強いものであるといえます。1歳から幼児教室を選ぶのであれば、知識を詰め込むような早期教育を行う幼児教室ではなく、子供の成長に合わせて適切な教育を行う幼児教室を選ぶようにしましょう。シナプスと呼ばれる脳内細胞は1歳児に爆発的に増加するので、楽しみながら学べる遊びをどんどん提供することが大切です。

1歳での教育は、脳を刺激して脳の機能を高める教育を行うことがポイントになります。3歳までの教育は良い脳を作るための教育と考え、3歳以降の教育はほぼ出来上がった脳に知識やトレーニングを施していく教育と考えるようにしましょう。将来に向けて知識の詰め込みをするのではなく、IQやEQなどの能力が高い子どもにしていくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *