1歳児の特徴と幼児教室の有効性

1歳児は話す力が急激に高まる時期でもあります。

そのような時期の子どもは、たくさんしゃべりたいと思っていることが多いので、大人がいっぱい話しかけて言葉の数を増やしてあげることが有効です。1歳児から幼児教室に通うことによって、母親から離れて活動したり友達と一緒に何かをやる集団行動ができるようになります。幼児教室では1歳児になると、幼稚園受験や小学校受験を目指すことができるコースもあります。目的に応じてコースを選ぶことが大切です。1歳児の特徴は、自己主張を繰り返す、じっとしていられない、人見知りをするなどがあります。

また言葉が遅いなど発達に差が出てくるのもこの時期の特徴です。これらはすべて子どもの個性として見守ることもできますが、そのままにしておくと大きくなった時に問題が出てしまうケースもあるので、幼児教室で適切な指導を行ってもらうことが大切です。ただし無理に抑えようとすると、その反動が起きてしまう場合もあるので注意する必要があります。

幼児教室ではこれらのさじ加減がよくわかっている講師が指導にあたるので、安心して任せることができます。幼児教室では同じ年代の子ども達と一緒に集団行動をすることによって、友達との関係を作りつつ、集中力や社会性を学ぶことができます。カリキュラム内容は、体験で体得するカリキュラムと机の前で集中するカリキュラムの二つを用意している教室が多いです。これらをバランスよく行うことによって適切な発達を促すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *