1歳児から幼児教室に通わせるメリットとは?

1歳児は見たり聞いたりする感覚野が強化され完成する時期です。

また記憶力や思考力などの高度な働きをする回路が育っていく時期でもあります。このような時期に幼児教室に通って、言葉や運動、形や色などの新しい体験をすることは有効であるといえます。幼児教室に通って、豊かな感性や感覚の土台作りをすることは大切です。幼児教室の1歳児クラスではどのようなことを行っているかというと、手の動きの発達を促したり、跳ぶことや歩くことの身体の動きを促したりしています。他にも感覚認知の能力を伸ばすようなレッスンも行っています。

手の動きとは、両手を使ってねじったり、ひも通しをしたりする作業です。鉛筆を持って絵を描いたり、スナップテープをはがしたりする作業も行います。身体の動きでは跳んだり歩いたりする以外にも、のぼり棒を登ったり体重移動をしたりする動きをして体の発達を促します。感覚認知で行っていることは、色の区別や物の大きさの比較、形や数の認知です。

これらのカリキュラムを行うことによって、視覚野や聴覚野、皮膚感覚野などを刺激し、子どもの色彩感覚や形などの認知能力を高めることが狙いです。1歳クラスでは子どもが楽しく遊びながら脳の発達を促すことを目指しています。認知能力が高まると仲間分けができるようになります。さらに感覚情報をまとめて処理する脳が鍛えられることによって、子どもの感性や感情をどんどん豊かにすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *