幼児教室の2歳児コースはどんなことをしているの?

2歳はインプットからアウトプットの移行期だといわれています。

0歳から1歳までのイメージ的思考から意識的に言語で考える力が急速に伸びる時期です。2歳の幼児教育のポイントは、全部の脳をバランスよく十分に刺激することが大切なので、幼児教室を上手く活用して、子どもの能力を伸ばしてあげましょう。幼児教室の2歳児コースは具体的にどのようなことをしているのかというと、脳を活性化させるフラッシュカードや瞬間記憶、想像遊びなどです。

フラッシュカードでは大量の情報をインプットすることによって脳を活性化させています。瞬間記憶では、ひと目見たものを記憶して再現する力を養い、想像遊びではイメージする力を育みます。幼児教室では、これらの脳を活性化する取り組みによって、遊び感覚で子どもの脳の回路を開いていきます。他にも幼児教室では表現力を磨く多彩なアプローチによって、感じたことを言葉にできるような能力を磨きます。

さらに語彙力をアップさせるために、言葉を育てる働きかけを行っているという特徴があります。2歳から3歳は急速に言葉が育つ時期です。大量で高速インプットを基本として、幼児教室では言葉を育むための最適な環境を用意しています。具体的に教室ではどのような言葉の取り組みを行っているかというと、フラッシュカードや絵本読みなどです。他にも手先のトレーニングや愛情をかけた言葉がけによって言葉を育てる働きかけを行っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *