2歳で幼児教室デビューは早すぎるか?

近年、子供に早いうちから良い教育を受けさせたいと願っている親御さんの姿を、テレビやインターネットなどで見聞きするようになってきました。

なかにはようやく単語を話せるようになった2歳から幼児教室に通わせているご家庭もあります。しかしそれに対して、そんなに小さいうちから勉強させるのはかわいそうではないか?意味はあるのか?と言った否定的な意見もあります。では、2歳で幼児教室デビューは本当に早すぎるのでしょうか?いいえ、決して早すぎるとはいえません。

2歳の子供の脳はとても柔らかいので新しい事を驚くほどのスピードで吸収していきます。教育のプロである先生が子供の関心と興味をひくように、創意工夫に富んだプログラムを提供してくれるのです。三つ子の魂百までということわざがあるように、幼い時に学んだことは、その後もずっと役に立ちます。レッスンを通して、勉強する喜びや集中力などを身に付ける事ができます。

さらに、2歳の子は周りの子にだんだん興味を持ち出し関わったり一緒に遊びたい、と思うようになってきます。保育園に通っていない子や他に兄弟がいない子は、幼児教室に行く事でお友達を作る事ができます。お友達を通して、協調性やお友達と分け合ったり譲ったりする事を学べます。自我が芽生えなんでも自分のしたいようにする、という意志が出てくる2歳児には幼児教室で、自分の感情をコントロールする大切さも学べます。是非、子供に合った教室を探しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *